Opus 1123

スポンサーサイト

  • スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドセンス停止になったのでブログを見直して再審請求した

  • ライフハック

KEEP OUT

先月の後半辺りに Google Adsense から規約違反のメールを頂戴し、広告配信が一時的にストップしていました。配信停止から、どこがダメでどう直したのか、備忘録エントリーを書きます。

コンテンツが隠れてしまってはダメ!

アドセンスにはいろいろな規約があり、それに抵触すると即座に配信停止となってしまうのは有名な話です。代表的な規約違反の例として

  1. 自分で自分のサイトの広告をクリックした
  2. 広告のクリックを誘導するような文言がある
  3. コンテンツと間違うような広告の配置がされている
  4. R18指定やポルノを連想させるコンテンツが含まれる
  5. 広告によってコンテンツが見えない位置に追いやられている

などがあります。(詳しくは、AdSense ポリシー: 初心者向けガイド - AdSense ヘルプ 参照)

わたしの場合、5.に該当していました。PCの画面の大きさによると思うのですが、モバイル・パソコンのような画面の小さなPCではたしかにブログのファースト・ビューが広告だけになってしまう可能性がありました。記事タイトル下はホットスポットをされているためそこに広告を置いていたのですが、それが仇になったようです。

わたしも以前から、「せっかくアイキャッチ画像を用意しているのに広告が最初に見えるのはなぁ…」と思っていたので、この位置の広告を廃止。追記リンクの直上に置き換えました。

再審査の申し立て

改善をしたら、メールに記載されているURLへ再審査の申し立てをします。このとき「どこをどのように直して、再発防止のためにどうするか」を伝えると審査が通しやすくなります。

本来ならば2,3日で再審査の結果が通知されるはずなのですが、1週間待っても返信なし。審査が通らなかったのかと思い、疑わしいところを排除してもう一度メールを送ってみたところ、「審査の結果、すでに承認済みになっています」と。そしてそれを見ていたかのように配信が再開されました。もしかして、承認したのに配信をGO! にするのを忘れてたのでは……?こういうこともあるんですね。

そんなこんなで、アドセンス無事再開となりました。このブログの広告収入は微々たるものですがブログ継続のモチベーションのひとつでもあるので、ともかく一安心です。

    最後まで読んでいただき ありがとうございました。

    何か一言添えてシェアしていただけると幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
「ライフハック」の関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。