Opus 1123

スポンサーサイト

  • スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】『ハサミ男』 叙述トリックにだまされる快感

  • 読書感想文

16 43 11

基本的にミステリー小説は苦手だ。特にこの『ハサミ男』のように叙述トリックの名作として知られる作品では、「どこかに辻褄の合わないところはないか」と、読みながら変に気構えて読んでしまう。こういう作品は予想外な切り口からスパっとだまされるほうがおもしろいのに。

しかし、トリックがあると聞けば「俺はだまされないぞ!」と意気込むのは人間の性だろう。お化け屋敷に入るのに「驚かされるなんて思ってなかった」と考えるのはいささか無理がある。

美少女を殺害し、研ぎあげたハサミを首に突き立てる猟奇殺人犯「ハサミ男」。三番目の犠牲者を決め、綿密に調べ上げるが、自分の手口を真似て殺された彼女の死体を発見する羽目に陥る。自分以外の人間に、何故彼女を殺す必要があるのか。「ハサミ男」は調査をはじめる。精緻にして大胆な長編ミステリの傑作。(巻末紹介文より)

この小説における一番大きなトリックは、個人的にはもっと気持ち悪いものであっても良かったと思っている。叙述トリックには2つあって、今までいまいち掴めなかった全体像がたった1つの情報で霧が晴れるように明瞭になるものと、底なし沼に沈んでいくものだ。この作品には後者を期待していたので、ラストシーンは正直がっかりしてしまった。

しかしこの『ハサミ男』、トリックがあるとわかっていてもそれを見抜ける人はいないと確信している。この感想を読んでいる間に、あなたはすでにハサミ男のトリックに陥っているのだから。

    最後まで読んでいただき ありがとうございました。

    何か一言添えてシェアしていただけると幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
「読書感想文」の関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。